転職は恥ずかしくないことと心得よう

 転職を希望する人の中でよくありがちな失敗が、自分は失敗者だから転職するのだという勘違いです。日本の今までの社会通念が原因だと思われるのですが、多くの場合、自分が転職することで社会一般の普通の人と比べて落伍者であると感じてしまっているようです。

 

 確かにほとんどの人が最初に入社した会社に一生勤め続けることが当たり前だった一昔前ではその考え方もまちがいではなかったのかもしれません。それに転職に際し、謙虚さも大事なのでその点でも悪いことばかりではないでしょう。

 

 しかし、自分に対してそのようかマイナスの評価を持った状態で転職活動に臨んでもうまくいくはずがありません。なかなか就職先も決まりませんし、あせりからまた自分の望まない会社に入ってしまう恐れも出てきます。

 

 まずは今まで持っていた転職に対してのマイナスの既成概念をクリアにすることから始めましょう。かつては企業も社員を一生養って行くだけの体力と福利厚生を備えていたのですが、長く不景気を体験した会社はそうした概念がありません。

 

【おすすめ記事】
中高年の就職
中高年が就職を成功させるための戦略を知りたい方はこちらから!

 

 終身雇用が会社の方の都合で崩れているわけですから、転職は何も自分の都合でやめているマイナスの側面だけとは言い切れなくなっているのです。前職が自分の働き方に合わないなど、何かしらずっとそこに居続けることが合理的でない理由があるはずですから、正々堂々とより良い条件を探して行けばいいのです。転職は自分を売り込みに行くことだと意識するといいでしょう。