企業への関心を持ち続けよう

 転職したいと考えている方は、どうしてその企業を志望したのかを言わなければなりません。面接の際には、必ず志望動機を答える場面が出てきます。その時に企業への関心が無いようなことを言ってしまうと、その時点で不採用となってしまいます。企業への関心を常に持ち続け、良い所だけでなく、悪い所も把握しておくことが大切です。

 

 悪い所を把握しておくのは良くないのではと考える方もいると思います。しかし悪い面を見ておかなければ、現実的な提案はできないのです。会社に入ってこうしたいという思いは、その企業の悪い面から生まれてくることが多いです。だからこそ悪い所は常に把握しておき、面接の際にこうしたいということを言っておくのです。

 

 企業にとって、自分たちの悪い部分を知っているということは、関心が高いということを示しています。自分たちの会社に関心を持っている社員であれば、納得して働かせることができると考えるのです。企業への関心が強いことを示せば、採用される確率は一気に上がります。 

 

【Pick Up】
30歳からの転職の方法
30歳からはスキルを活かした転職を心がけよう!

 

 当然ですが、良い所も説明しなければなりません。こうした所が良くて志望したのですが、この部分は私が入社してから変えたいと思っていますと説明すれば、企業側への関心は強くアピールできると思います。これは企業側にとっても頼もしいと思わせる部分なのです。

 

 転職を考えるなら、志望する企業への関心は強めることを忘れないでください。関心が薄れてしまうと、それだけで転職に失敗する確率が高くなります。